尿酸値高めの健康診断を無視してきた結末がヤバイ!38歳体験談

健康診断結果を無視してきた方の体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加 

会社の健康診断で
「尿酸値が高めです」
という診断を受け取っても
健康診断で尿酸値高めと診断
「病院で再検査を受けてみよう」という方は、
なかなか、少ないでしょうね

 

尿酸値を下げるには.net
そんな感じで診断結果を気にせずに
生活習慣を見直さずに大変な目にあった方からの
痛風体験記が送られてきました。

 

気になりますよね。紹介していきましょう。

奈良県・38歳・Hさんの痛風体験談を紹介

毎年会社で行われる健康診断で
「尿酸値がちょっと高めですね」と言われ続けてきました。

 

しかし特に自覚症状がなかったので、
あまり尿酸値のことを気にしないで生活してきました。

 

刺すような激痛に、ある日突然襲われた

 

そんなある日、それは突然やってきました。

 

足の親指の関節が痛い!
親指に激痛が!
少し靴や物が触れただけなのに、
刺すような痛みに襲われる。

 

最初は骨や筋肉の異常かもと思い
病院まで診察に行ったら、

 

「痛風の発作ですね」

 

と、お医者様からあっさりと告げられてしまいました。

 

30代なのに・・・生活を振り返ると自業自得でした

痛風ですと宣告された

 

まだ30代なのに痛風・・・ショックでした。

 

これまで自分には関係ないと思っていましたが、
こうして痛風と診断されたことによって、
ようやく尿酸値と向き合うはめになってしまいました。

 

自分の生活を振り返ってみると

  • 「毎日ビールを飲んでいる」
  • 「食事のスピードが速い。特に昼食は簡単に素早く済ますことが多い」
  • 「運動不足で少し肥満気味」
  • 「仕事が残業続きで強いストレスを感じている」

と痛風になる要因がいっぱいでした。

 

大好きなビールは3日に1日に

 

なんとかしないといけないと思い、
食事の習慣を改善することから始めました。
ビールは3日に1度でがまん
まずビールを飲む日を3日に1日に減らしました。
ビールにはプリン体という成分が
含まれており、これが尿酸の原料となります。

 

本当だったら完全禁酒が理想ですよね。
でもネットや本で調べたら、
1週間に2日の休肝日をもうければ良いと書いてありました。

 

完全禁酒はどうしても我慢できないので、
ビールを飲む日を3日に1日のみに減らすことにしました。

 

食事もプリン体のないモノを中心に

 

ちなみに、プリン体を多く含んだ食品は
ビールだけではありません。

 

レバーや肉類などにも多くのプリン体が含まれています。

 

また鰹節のようなダシにも
実はプリン体が多く含まれています。

 

そこでお味噌汁などでダシを取るときは
昆布や椎茸を使ったものにしました。

 

このように尿酸値を下げるために、
できるだけプリン体を摂取しないような
食事
を心がけることが一番大切です。

 

水分補給と排出を多めにしました

 

また、体内の尿酸値を減らすために、
こまめに水分を取るようにしました。
水分補給も重要
体内の尿酸は尿から体外へ排出されるからです。

 

理想は1日に2リットルの水分補給です。

 

ここで注意したいのが、
水分だからといって、
アルコールを摂取しないようにすることです。

 

アルコールには利尿作用があるので、
体に必要な水分まで排出してしまいます。

 

私は普段の水分補給は普通の水道水を利用しました。

 

2駅分余計に歩く運動を取り入れました

 

運動不足による肥満も
尿酸値を上げる要因になります。

 

私も働き盛りの30代のビジネスマンで
仕事ばかりしていて運動不足になりがちでした。

 

そこで普段電車で通勤していたところを、
2駅分だけ徒歩通勤を取り入れて、
運動不足の解消をすることにしました。

 

休みの日は心とカラダをしっかりと休息

 

ストレスも尿酸値をあげる原因になります。
仕事をしているとどうしてもストレスを
感じることが多いです。

 

仕事が休みの日は、
ただなんとなく過ごすのではなく、

 

意識的に心と体を休ませようと
することを心がけるようにしました。

 

こうした取り組みで痛風は2週間でなくなったけど

 

痛風と診断されてから、
このように自分なりに
尿酸値を下げる取り組みを続けたところ、

 

2週間ほどで痛風発作の痛みはなくなりました。

 

これでようやく完治かと思うかもしれませんが、
実は痛みがなくなっても、
体内の尿酸値はそんなに簡単には下がりません。

 

そのため痛みがなくなったからといって、
また以前と同じような生活に戻ってしまうと、
痛風の発作は簡単に再発してしまいます。

 

もう二度とあの痛みは嫌なので生活を見直します

 

痛風は一度発症してしまうと、
長い付き合いが必要になる病気です。

 

痛風は生活習慣病の1つと言えるでしょう。
普段からしっかりとした
生活習慣を送ることが最大の予防になります。

 

私は実際に痛風の発作が起こってから
本当に痛い目にあいました。

 

もう2度とこんな思いをしたくないので、
再発しないようにこれからも
ちゃんとした生活を送るようにしようと思いました。

 

体験談を読んだ感想

いや〜、怖いですね。
針で刺されるほどの痛みって!

 

骨折するほうがマシと言われるくらいの
痛風発作の痛み。

 

経験しないにこしたことはありません。

 

痛風になる前の生活改善を

 

健康診断で
尿酸値に黄色信号が出たら

 

この方のアドバイスのように
食事、運動、アルコール摂取に気をつけて
生活習慣を改善することをオススメします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 



「尿酸値が7.0mg/dLを超えてしまった!痛風発作がヤバイ・・・」
そんなあなたに、94%の方がスッキリを実感した田七人参サプリ
▼▼▼ (15日間全額返金制度付) ▼▼▼
白井田七申し込みバナーft


こちらの記事も読まれています。関連ページ

57歳で痛風予備軍、3年ビールをやめずに尿酸値を下げた方法とは
57歳の定期健康診断で尿酸値が高いと指定を受けた男性は、友人の居酒屋でのごちそう三昧が原因だった。3年間毎晩のビールはやめずに尿酸値を下げ方法?
尿路結石で死ぬほどの激痛!痛風ギリセーフの26歳男性体験談
尿路結石で死ぬほどの激痛に苦しんだ尿酸値高めの26歳男性の体験談。薬と一緒に尿酸値を下げるために行った食事制限や運動とは?尿路結石の痛みで救急車で運ばれた経験者の口コミを紹介します。痛風になりそうな予兆や時期についても語るクチコミは必見です。
尿酸値8.1を5.6に下げた24歳男性が行った方法とは?
会社の健康診断で尿酸値8.7と診断されて、5.6まで下げた滋賀県24歳男性の体験談。投薬、運動、食生活など尿酸値を下げるために、具体的にどんなことをされたんでしょうか。実際に経験した方だからこその体験談とアドバイスをご紹介します。
1日おきのランニングで正常値に!ビールを〇〇に変えた体験談
足の甲が腫れて痛風が発覚した鹿児島県の32歳男性の体験談。ビールの飲み過ぎで痛風になった経験者が、尿酸値を下げることに成功した方法をご紹介。食事や運動はどうしたのか、毎晩の晩酌は?具体的に行った対策を口コミ形式でご紹介します。
足の違和感が痛風のサインだった!?初期症状で投薬した体験談
足に違和感を感じて病院に行ったら痛風の初期症状と言われた福岡県50歳男性の体験談口コミ。食事や飲酒習慣をどう変えたのか?投薬以外に行った運動などの体験談をご紹介します。自分とは関係ないと思っていた痛風の恐怖を感じた経験からのアドバイスをお伝え
左右両側の尿路結石経験者がついに痛風で病院に。その結末と対策
会社の健康診断で尿酸値が高いと診断された32歳東京都在住の方の体験談とアドバイス。尿管結石も経験された尿酸値高めの30代男性が痛風発作を経験した時の口コミをご紹介。
20代なのにまさか痛風?!アキレス腱に骨折以上の激痛!体験談
例え20代でも尿酸値が高くなると痛風発作になることがあります。22歳の時にアキレス腱に骨折以上の痛みが。痛風発作に苦しんだ男性の高尿酸値体験談を口コミ形式でご紹介します。
食材選択が難しいなら調味料を工夫!痛風旦那様に奥さんアイデア
尿酸値が高い40代後半の旦那さんを持つ、奥さんから尿酸値を下げるために食事、調味料などを改善して、痛風にならないようにした体験談。結婚後の生活環境の変化と子育てストレスなども分析
手首や足の甲に痛風体験、リボール錠6ヶ月服用者のアドバイスとは
35歳で尿酸値が9.0を超え、痛風を発症、リボール錠を6ヶ月服用されていた男性の体験談。尿酸値を下げるためのアドバイスを紹介。手首の甲側や足の甲が痛かった痛風体験者はリボール錠以外に、どうやったら尿酸値を下げられるのか、経験談を語ってくれています。
2年間で尿酸値9.2→6.0に下げた方法は、フェブリクと○○
健康診断で尿酸値が高くて要検査になった方の体験談。最高尿酸値9.2まで上がって右足の親指のつけ根に激痛を感じた41歳男性。処方されたフェブリク服用と食生活改善と運動習慣で、2年間で6.0まで尿酸値を下げた方法は?痛風対策のアドバイスを口コミ
わずか19歳!交通事故きっかけで痛風発症の男性が30歳過ぎて
10代という若さでも痛風になる?交通事故がきっかけで19歳で痛風を発症された男性の体験談。肥満体型だったことも原因という経験者が想像する発症とストレスとの因果関係。30代になって尿酸値と上手に付き合える様になるまでの口コミ。腫れや痛みは?
薬を一切使わず痛風を直した方の口コミを紹介します
薬を飲まずに痛風発作を抑えた方の口コミ紹介。尿酸値が高くて痛風の激痛に襲われたら病院でお薬を処方してもらうのが一番。でも薬を飲まずに数値を抑えた方もいるようです。そんな方の口コミをお伝え。