24歳なのにまさか痛風?!アキレス腱に骨折以上の激痛!体験談

24歳男性の口コミ|20代なのにまさか痛風?!アキレス腱に激痛体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加 

「20代だから絶対に痛風にはならない」
そんな風に思っていませんか?

 

確かにお酒好きでごちそうを食べすぎている
年配の方がかかる贅沢病という
イメージが強い痛風なんですが、

 

普段の食事や生活環境などによっては
20代でも痛風になってしまうリスクがあるんです。

 

22歳の時に痛風発作を経験された
24歳の男性から体験談をお聞きしたので
紹介していきますね。

東京都・24歳・Wさんの痛風体験談を紹介

私は22歳の時、痛風を患いました。

 

痛風は尿酸が体内に蓄積されることに
よって尿酸値が高くなり

 

体内に作り出された結晶が関節などに
触れることで炎症を起こすという病気です。

 

一般的に尿酸値が7.0mg/dlを超えると、
痛風の原因となる「高尿酸血症」と診断されるのですが、

 

私が痛風の痛みに耐えられなくなり、
病院で血液検査をした当時の尿酸値は9.0mg/dlでした。

 

骨折以上の激痛がアキレス腱に!

アキレス腱に激痛

 

痛風は「風が吹いただけでも痛い」
という意味に由来するそうですが(諸説あり)、
実際にはそれを超える痛みが走ります。

 

私の場合アキレス腱に痛風の症状が現れたのですが、
脈拍と共に痛みが走り、仕事に行けないどころか
立っていても座っていても、寝転がっていても
どんな体勢でも激痛が走ります。

 

私には骨折の経験が2回あるのですが、
それと比較しても
「骨折の方がましだ」と思える痛さでした。

 

プリン体が多い食事が原因に

 

痛風もとい、高尿酸血症の原因は
「食事」にあります。

 

「プリン体」という言葉を
聞いたことはあるでしょうか?

 

プリン体は肉や魚など沢山の食べ物に
含まれている成分で主に旨み成分です。

 

魚や肉にもプリン体

 

このプリン体は、体内で分解されて
排尿とともに流されていくのですが、

 

分解出来る量を超えて
体内に取り込むことで結晶が出来上がり
それが激痛の悲劇を巻き起こすのです。

 

病院に行けば、尿酸値を下げる
または尿酸の生成を抑制する薬を処方してくれますし、
激痛に悶えていたのがウソのように効果があります。

 

しかし、薬にだけ頼るのは危険です。

 

何故なら普段の生活に
注意を払わなければ再び
激痛に襲われることになってしまうからです。

 

食事管理と水分補給が大事

 

尿酸値を下げる方法はいくつか考えられますが、
確実なのは「食事管理」と「水分補給」だと思います。

 

食事管理は、プリン体を多く含む食品
例えば、煮干しや椎茸、白子などの摂取を
極力控えることや過剰に塩分を摂取しないことが大切です。

 

水分補給ですが、
正確には水分補給をしっかりと行い
積極的に排尿するということが大切です。

 

先ほどお話ししたように、
体内に蓄積される尿酸は
排尿と共に体外に排出されるので、

 

水分補給を行うことで
体内の循環を活性化させ

 

尿酸が貯まりにくい体にしていくことが
高尿酸血症の予防につながります。

 

痛風の激痛を経験しないために

 

痛風は普段の生活習慣の蓄積で
突然やってくる病気で発症すれば、

 

間違いなく仕事や私生活に大きな影響を与えます。

 

痛風の経験者だからこそ、
皆さんにはあの激痛を経験してほしくはないのです。

 

既に高尿酸血症の方やそうでない方も、
普段の私生活をみなしてみてはいかがでしょうか。

 

体験談を読んだ感想

20代であっても、
やっぱり生活習慣って大事なんですね。
年齢と共に痛風リスクは上がるけど・・・

 

痛風のリスクは、30代、40代、50代と
年齢と共に上がっていくものですが、
例え20代であっても食生活などでは
痛風発作の可能性はゼロではありません。

 

関節の末端に結晶化した
尿酸が突き刺さるように猛威を振るう痛風。

 

この方のようにアキレス腱に
激痛が走ることも多いようです。

 

若いからと言って安心せずに
普段の食生活に気をつけて
過ごすことが大切ですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 



「尿酸値が7.0mg/dLを超えてしまった!痛風発作がヤバイ・・・」
そんなあなたに、94%の方がスッキリを実感した田七人参サプリ
▼▼▼ (15日間全額返金制度付) ▼▼▼
白井田七申し込みバナーft


こちらの記事も読まれています。関連ページ

57歳で痛風予備軍、3年ビールをやめずに尿酸値を下げた方法とは
57歳の定期健康診断で尿酸値が高いと指定を受けた男性は、友人の居酒屋でのごちそう三昧が原因だった。3年間毎晩のビールはやめずに尿酸値を下げ方法?
尿路結石で死ぬほどの激痛!痛風ギリセーフの26歳男性体験談
尿路結石で死ぬほどの激痛に苦しんだ尿酸値高めの26歳男性の体験談。薬と一緒に尿酸値を下げるために行った食事制限や運動とは?尿路結石の痛みで救急車で運ばれた経験者の口コミを紹介します。痛風になりそうな予兆や時期についても語るクチコミは必見です。
尿酸値8.1を5.6に下げた24歳男性が行った方法とは?
会社の健康診断で尿酸値8.7と診断されて、5.6まで下げた滋賀県24歳男性の体験談。投薬、運動、食生活など尿酸値を下げるために、具体的にどんなことをされたんでしょうか。実際に経験した方だからこその体験談とアドバイスをご紹介します。
1日おきのランニングで正常値に!ビールを〇〇に変えた体験談
足の甲が腫れて痛風が発覚した鹿児島県の32歳男性の体験談。ビールの飲み過ぎで痛風になった経験者が、尿酸値を下げることに成功した方法をご紹介。食事や運動はどうしたのか、毎晩の晩酌は?具体的に行った対策を口コミ形式でご紹介します。
足の違和感が痛風のサインだった!?初期症状で投薬した体験談
足に違和感を感じて病院に行ったら痛風の初期症状と言われた福岡県50歳男性の体験談口コミ。食事や飲酒習慣をどう変えたのか?投薬以外に行った運動などの体験談をご紹介します。自分とは関係ないと思っていた痛風の恐怖を感じた経験からのアドバイスをお伝え
尿酸値高めの健康診断を無視してきた結末がヤバイ!38歳体験談
会社の健康診断で尿酸値が高いと警告されたのに、気にせずにほっておいたら、突然の痛風発作に苦しんだ38歳男性の痛風体験談を紹介。高かった尿酸値をどうやって下げたのか生活習慣の見直しの仕方をアドバイスする口コミです
左右両側の尿路結石経験者がついに痛風で病院に。その結末と対策
会社の健康診断で尿酸値が高いと診断された32歳東京都在住の方の体験談とアドバイス。尿管結石も経験された尿酸値高めの30代男性が痛風発作を経験した時の口コミをご紹介。
食材選択が難しいなら調味料を工夫!痛風旦那様に奥さんアイデア
尿酸値が高い40代後半の旦那さんを持つ、奥さんから尿酸値を下げるために食事、調味料などを改善して、痛風にならないようにした体験談。結婚後の生活環境の変化と子育てストレスなども分析
手首や足の甲に痛風体験、リボール錠6ヶ月服用者のアドバイスとは
35歳で尿酸値が9.0を超え、痛風を発症、リボール錠を6ヶ月服用されていた男性の体験談。尿酸値を下げるためのアドバイスを紹介。手首の甲側や足の甲が痛かった痛風体験者はリボール錠以外に、どうやったら尿酸値を下げられるのか、経験談を語ってくれています。
2年間で尿酸値9.2→6.0に下げた方法は、フェブリクと○○
健康診断で尿酸値が高くて要検査になった方の体験談。最高尿酸値9.2まで上がって右足の親指のつけ根に激痛を感じた41歳男性。処方されたフェブリク服用と食生活改善と運動習慣で、2年間で6.0まで尿酸値を下げた方法は?痛風対策のアドバイスを口コミ
わずか19歳!交通事故きっかけで痛風発症の男性が30歳過ぎて
10代という若さでも痛風になる?交通事故がきっかけで19歳で痛風を発症された男性の体験談。肥満体型だったことも原因という経験者が想像する発症とストレスとの因果関係。30代になって尿酸値と上手に付き合える様になるまでの口コミ。腫れや痛みは?
薬を一切使わず痛風を直した方の口コミを紹介します
薬を飲まずに痛風発作を抑えた方の口コミ紹介。尿酸値が高くて痛風の激痛に襲われたら病院でお薬を処方してもらうのが一番。でも薬を飲まずに数値を抑えた方もいるようです。そんな方の口コミをお伝え。