わずか19歳!交通事故きっかけで痛風発症の男性が30歳過ぎて

19歳で痛風?の口コミ|交通事故がきっかけで痛風発症した男性の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加 

「10代で痛風になるの?」
痛風は贅沢なオジサンがなる病気
と昔言われていたので、ちょっと信じられませんよね。

 

実は10代であっても痛風になるんです!

 

19歳で痛風を発症された男性の
体験談が「尿酸値を下げる.net」に寄せられました!!

 

そのきっかけは意外なことでした。
早速、紹介していきますね。

埼玉県・36歳・Bさんの痛風体験談を紹介

肥満体型、交通事故、寝たきりのストレスの重なりで

 

肥満体型だった19歳のある日、
交通事故で2か月に及ぶ入院を経験しました。

 

膝を大怪我したこともあり、寝たきりの日々です。

 

肥満体型でありながら寝たきりになり
極度の運動不足に陥った上、
入院して2週間ほどは怪我による
足の腫れが惹かず痛みに苦しむ毎日です。
肥満体型

 

さらに人生で初めての入院だったこともあり、
相当なストレスが溜まっていたようです。

 

後で知ったことですが、
ストレスは痛風の原因のひとつだそうです。

 

ある晩、足の親指の付け根付近に
強い痛みを感じました。

 

そこからは常に疼くような痛みとの戦いの始まりです。

 

医者も19歳で痛風になるとは思わなかった!

 

当初は事故による怪我を疑いましたが、
そこで医師に痛風であることを告げられました。

 

医師は尿酸値が高いことに気づいていたようですが、
19歳で痛風を発症するとは思わなかったようです。

 

尿酸値を下げる薬の副作用を心配して

 

いきなり症状が出てしまったこともあり、
急激に尿酸値を下げる薬を飲むと痛みが強くなる、
という医師の判断で、湿布等で
様子を見ることになりました。

 

通常、2週間ほどで腫れが引く、
と言われる痛風ですが、
なぜか私は2か月近く腫れたままでした。

 

怪我のリハビリも思うようにいかず、
まさに地獄のような日々になりました。

 

必要に応じて投薬。やっと数値が安定

 

その後、痛みが引いた後は
時折血液検査で尿酸値を確認しながら、

 

必要に応じて薬を飲み続けることで、
安定した数値を保つようにしました。

 

尿酸値が高い食品を少なく、運動で肥満解消

 

食事の際には、尿酸値の高い食品を調べ、
摂取量を少なくするようにしました。

 

また、完全に痛みと腫れがなくなり、
怪我が癒えた半年後には、定期的な運動をして、
肥満体型の解消に努めました。

 

適度な運動が大切

 

20代に入ると、仕事のストレスで
鈍痛の出る日があったので、
できるだけストレスを溜めないように努めました。

 

痛風が出た時には多量の水分摂取で

 

その後、一度だけ痛風が出ましたが、
その際は医師の助言により、水分を多く摂取し、
尿酸を排出するという方法を試しました。

 

すると、わずか3日で痛みも腫れも引いたため、
その後は日頃から水分をやや多めに摂るようにしました。

 

30歳過ぎて大きな痛みはなし

 

30歳を過ぎてからは、
大きな腫れや痛みは出ていません。

 

一度、バーベキューで肉を食べすぎた日の夜、
じんわりと痛いなと感じたことがありましたが、

 

水分補給は多めに

 

水やお茶、アルコールを飲んで、
尿を多く出したことで早々に収まりました。

 

適切な尿酸値を知り、医者の支持に従うことが重要

 

私としては、まず適切な尿酸値を知り、
医師の指示に従うことが大切だと考えます。

 

加えて、私自身は水分の摂取と尿酸値の排出により、
痛風が再度出ていないと考えています。

 

汗かきの方は水分を多めに摂取して

 

汗をよく書く人は
積極的に水分を摂取することをおすすめします。

 

ちなみに、ビールは尿酸値が高いから
痛風の患者は飲んではいけない、と言われますが、

 

私自身は尿の頻度が増えるので
悪いことではないと思います。

 

例えば、飲み会終わりに
お冷をたっぷりもらって飲んでおく、

 

ということをすれば、排尿効果が高まり、
肝臓対策にも痛風対策にもなるのではないでしょうか。

 

体験談を読んだ感想

痛風の原因でよく言われるストレス。

 

まさにこの方は
交通事故で寝たきり。

初めての入院。

 

ストレスが溜まる環境だったんですね。

 

さらに
肥満体型

なのに痛みで動けない

運動不足

さらに太る

 

で、ダブル、トリプルの要因が重なって
19歳という若さで
痛風発作を親指のつけ根に発症されたんですね。

 

ドクターストップが掛かる前に

 

まさか10代で痛風になるとは
御医者さんでも思わなかったようです。

 

もし肥満体型でヤバイなと
感じている方は、早めに検診などを行って

 

適切な医師からのアドバイス、
場合によっては投薬などを受けることがいいですね。

 

まずは、普段の食生活を見直してみることも大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 



「尿酸値が7.0mg/dLを超えてしまった!痛風発作がヤバイ・・・」
そんなあなたに、94%の方がスッキリを実感した田七人参サプリ
▼▼▼ (15日間全額返金制度付) ▼▼▼
白井田七申し込みバナーft


こちらの記事も読まれています。関連ページ

57歳で痛風予備軍、3年ビールをやめずに尿酸値を下げた方法とは
57歳の定期健康診断で尿酸値が高いと指定を受けた男性は、友人の居酒屋でのごちそう三昧が原因だった。3年間毎晩のビールはやめずに尿酸値を下げ方法?
尿路結石で死ぬほどの激痛!痛風ギリセーフの26歳男性体験談
尿路結石で死ぬほどの激痛に苦しんだ尿酸値高めの26歳男性の体験談。薬と一緒に尿酸値を下げるために行った食事制限や運動とは?尿路結石の痛みで救急車で運ばれた経験者の口コミを紹介します。痛風になりそうな予兆や時期についても語るクチコミは必見です。
尿酸値8.1を5.6に下げた24歳男性が行った方法とは?
会社の健康診断で尿酸値8.7と診断されて、5.6まで下げた滋賀県24歳男性の体験談。投薬、運動、食生活など尿酸値を下げるために、具体的にどんなことをされたんでしょうか。実際に経験した方だからこその体験談とアドバイスをご紹介します。
1日おきのランニングで正常値に!ビールを〇〇に変えた体験談
足の甲が腫れて痛風が発覚した鹿児島県の32歳男性の体験談。ビールの飲み過ぎで痛風になった経験者が、尿酸値を下げることに成功した方法をご紹介。食事や運動はどうしたのか、毎晩の晩酌は?具体的に行った対策を口コミ形式でご紹介します。
足の違和感が痛風のサインだった!?初期症状で投薬した体験談
足に違和感を感じて病院に行ったら痛風の初期症状と言われた福岡県50歳男性の体験談口コミ。食事や飲酒習慣をどう変えたのか?投薬以外に行った運動などの体験談をご紹介します。自分とは関係ないと思っていた痛風の恐怖を感じた経験からのアドバイスをお伝え
尿酸値高めの健康診断を無視してきた結末がヤバイ!38歳体験談
会社の健康診断で尿酸値が高いと警告されたのに、気にせずにほっておいたら、突然の痛風発作に苦しんだ38歳男性の痛風体験談を紹介。高かった尿酸値をどうやって下げたのか生活習慣の見直しの仕方をアドバイスする口コミです
左右両側の尿路結石経験者がついに痛風で病院に。その結末と対策
会社の健康診断で尿酸値が高いと診断された32歳東京都在住の方の体験談とアドバイス。尿管結石も経験された尿酸値高めの30代男性が痛風発作を経験した時の口コミをご紹介。
20代なのにまさか痛風?!アキレス腱に骨折以上の激痛!体験談
例え20代でも尿酸値が高くなると痛風発作になることがあります。22歳の時にアキレス腱に骨折以上の痛みが。痛風発作に苦しんだ男性の高尿酸値体験談を口コミ形式でご紹介します。
食材選択が難しいなら調味料を工夫!痛風旦那様に奥さんアイデア
尿酸値が高い40代後半の旦那さんを持つ、奥さんから尿酸値を下げるために食事、調味料などを改善して、痛風にならないようにした体験談。結婚後の生活環境の変化と子育てストレスなども分析
手首や足の甲に痛風体験、リボール錠6ヶ月服用者のアドバイスとは
35歳で尿酸値が9.0を超え、痛風を発症、リボール錠を6ヶ月服用されていた男性の体験談。尿酸値を下げるためのアドバイスを紹介。手首の甲側や足の甲が痛かった痛風体験者はリボール錠以外に、どうやったら尿酸値を下げられるのか、経験談を語ってくれています。
2年間で尿酸値9.2→6.0に下げた方法は、フェブリクと○○
健康診断で尿酸値が高くて要検査になった方の体験談。最高尿酸値9.2まで上がって右足の親指のつけ根に激痛を感じた41歳男性。処方されたフェブリク服用と食生活改善と運動習慣で、2年間で6.0まで尿酸値を下げた方法は?痛風対策のアドバイスを口コミ
薬を一切使わず痛風を直した方の口コミを紹介します
薬を飲まずに痛風発作を抑えた方の口コミ紹介。尿酸値が高くて痛風の激痛に襲われたら病院でお薬を処方してもらうのが一番。でも薬を飲まずに数値を抑えた方もいるようです。そんな方の口コミをお伝え。