【サポニンとは】尿酸値に話題のサポニンはどんな特徴?

サポニンってどうなの?特徴は?何に含まれるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

サポニンって聞いたことありますか?

 

サポニンって何?

 

実はサポニンとは
苦味えぐみ渋みなどの要因となる成分で

 

主に植物の葉や根、茎などに
含有されているんです。

 

珈琲やお茶が苦く感じる原因も
サポニンが含まれているから。

 

 

また漢方薬や生薬などにも
サポニンがたくさん入っていて
これが、いろいろと健康的な効果をもたらすと言われているんです。

 

サポニンの特徴(性質)とは

 

サポニンの特徴として
水にも油にも溶けるという性質があるんです。

 

こうした特徴から、
コレステロールを消し去る効果が期待されるんです。

 

また血管中に発生する血栓も
抑えてくれる作用があるとのこと。

 

サポニンの作用は、植物の種類によって違う

 

なお含まれている植物の種類によって
サポニンの働きが変わると言われています。

 

サポニンを多く含む植物で有名なのは
「大豆」や「薬用人参」。

 

大豆でいうと「大豆サポニン」が成分としてあります。

 

この成分には、肝機能障害を改善する効果があり
抗酸化作用もあるので、肥満予防にもなると言われています。

 

サポニンは泡立ちやすい

 

そして何よりも
サポニンの一番の特徴は、
水に溶かすとかなり泡立つということ。

 

この性質から「天然の界面活性剤」とも言われるほど。
こうした特性を生かし、
サポニンは洗剤の成分としても活用されています。

 

続いて、「サポニンは尿酸値を下げる?」の記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 



「尿酸値が7.0mg/dLを超えてしまった!痛風発作がヤバイ・・・」
そんなあなたに、94%の方がスッキリを実感した田七人参サプリ
▼▼▼ (15日間全額返金制度付) ▼▼▼
白井田七申し込みバナーft


こちらの記事も読まれています。関連ページ

サポニンと尿酸値
サポニンは尿酸値を下げてくれるの?よく聞く噂はサポニンが持つ特徴にその理由があった。性質などを解説しますので、尿酸値を下げたい方は一度ご覧下さい。